薄毛は都市伝説じゃなかった

育毛にいい食べ物と聞かれれば、何だろうと考えてみました。とくに昆布、ワカメなど海藻類を思いつく方もたくさんいるかもしれません。

ところが実際には育毛の効果はそれほどではないとされているのです。決まった食物を摂取するだけではなく、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養をバランスよく食べることを意識することが必要となるでしょう。
また、適切な量を守って食べ過ぎないようによく気をつけていくべきでしょう。
育毛ケアはどれくらい行ったらいいでしょう。

薄毛ケアをしても、髪が急に生えてくるなどというようなことはまずおこりません。高価な発毛剤を使っても、今の薄毛ケアの結果は発毛サイクルの誤差があるので、薄毛が改善されるまでには少し期間が必用ですね。

最低でも3、4カ月くらいは根気よく、育毛ケアを継続することが大切でしょう。そうすることで気が付いたら成果が出てきますよ。

頭皮が硬くなると血流が悪く十分な栄養が届かなくなるため、抜け毛は増えるでしょう。髪が完全に抜けおちれば頭皮だけになりますよね。頭皮の下は頭蓋骨になり、そしてその下が大切な脳となります。

人間は脳を守らなければいけないので、自然と頭皮が厚くなるようにできています。そのため髪がなくなってくるとそれを補おうとして、頭皮も当然固くなり厚くなっていくのです。

結果的に髪が新しく生える妨げとなってしまうんです。

ですから頭皮の柔軟性は非常に大事なんですね。